目薬で進行を抑えられます

若年でも緑内障のリスクはあります。西洋医学や東洋医学など多彩な方法が存在するので、好きな方を選んで予防しましょう。

先生

緑内障は専門の眼科医の診断を受けて、適切な治療を受けることで進行を抑えることができます。治療は目薬が基本になります。緑内障の症状が進んでしまうと手術が必要になることもあります。眼科医は患者の症状によって、複数の目薬を処方します。現在の医学では緑内障を根治はできませんので、目薬とは一生の付き合いになります。緑内障は進行すると失明にもつながるような病気ですので、軽視することはできません。一方で、適切な目薬による治療を続ければ悪化を抑えることができます。食事療法などはありませんので、専門の眼科医の診断を受けて適切な目薬の点眼をすることが唯一の治療になります。視野の検査を定期的に受けることも不可欠になります。

緑内障は健康診断で発見されることが多いです。眼圧が高い場合に発症することが一般的ですが、正常眼圧緑内障もありますので、眼圧の検査だけでは発見できません。眼底の検査などで緑内障が疑われた場合には、すぐに専門の眼科医を受診しなければなりません。緑内障は自覚症状がありません。視野が欠けていても、人間の脳はそれを補正してしまうからです。歩いていて人にぶつかってしまうようなことが頻発して初めて視野が欠けていることに気付く場合もあります。健康診断の結果を軽視しないで、専門の眼科医を受診することで視力を失うことがないのですから、怖い病気ではありますが過度に心配する必要はありません。中高年の人には多く見られる病気です。

自覚症状がありません

病院

緑内障は発症した当初には自覚症状がありません。健康診断で指摘されて初めて発覚することが一般的です。中高年の人には多い病気であって、専門の眼科医の診察を受けることによって早期であれば目薬で治療できます。

目に関する病気

カウンセリング

緑内障は、眼圧が上昇することによって視界にモヤがかかったようになり、視界が狭くなってしまう目の病気です。完治が難しい病気のため、早期発見と、自分に合った治療法を選択し病気の症状を早目に食い止めることが重要です。

失明になりうる病気

カウンセリング

緑内障は、日本人の失明原因の一位の病気です。この病気は、眼圧が高くなる事で視神経が傷むものです。最初は視野が狭くなったり、ぼやけるなどの症状が起こります。そして、やがては失明してしまうのです。具体的な予防法がないので、定期的に検査することが大事です。