目に関する病気

早期発見が重要

カウンセリング

近視や乱視、斜視など目に関するトラブルは様々ありますが、中でも完治が難しいと言われているのが緑内障という病気です。緑内障という病気は、目の眼圧に関係しています。目には特殊な水が溜まっており、その水の量で眼圧が決まります。そしてその水は一定の出口から排出されますが、その出口が詰まってしまうことで眼圧が上昇し、発症するのが緑内障です。緑内障になると視界がぼやけるという症状が現れます。しかし一気に視界が悪くなるというわけではなく、最初は薄いモヤがかかったような見え方になり、症状が進むにつれてその範囲が広くなり、視野が狭くなって行きます。そのため病気の初期段階では気づかないことが多いですが、緑内障は一度見えなくなってしまった視界を回復するのは困難なため、早期発見が重要となります。

治療方法とは

緑内障は、上記の通り一度失ってしまった視界を取り戻すのが困難な病気です。そのため、治療としてはこれ以上に見えなくなる部分を出さないようにするという治療になります。具体的な方法としては、緑内障の原因となっている眼圧の上昇を点眼薬などを使って下げるという方法がよくとられます。また症状の度合いによっては、特殊なレーザーを照射し、詰まっていた水の排出を促進させるといった治療法も存在します。病気の進行状況に応じて治療法は異なるため、しっかりとカウンセリングを行い自分に合った治療法を選択しましょう。また眼圧が正常である場合にも、正常眼圧緑内障という緑内障を発症してしまう場合もあるため、少しでも見え方に異常を感じた場合はすぐに病院で詳しく検査を行うことをオススメします。