失明になりうる病気

具体的な症状

カウンセリング

失明原因の第1位を占めている眼の病気として、緑内障が挙げられます。この緑内障とは、目の中の眼圧が高くなる事で視神経が傷む病気です。そもそも眼圧とは、目の硬さのことを言います。通常、眼を正常に機能させるため、一定の水が作られると同じ量の水が目から排出されます。そうすることで、眼圧は一定に保たれているのです。しかし、緑内障の場合、目の中の房水の量が増えることで眼圧が上がってしまうのです。緑内障の具体的な症状は、まず視野の一部が欠けてしまいます。その他にも、視野がぼやけて見えるなどの症状も起こります。しかし、ほとんどの緑内障は、片目から症状が起こります。なので、片方の眼に不具合が生じても、もう1つの眼で視野をカバーしていきます。したがって、ほとんどの方が初期の段階で異常に気づかないです。気づいた時に、かなり症状が進行していることが多い病気です。

大切なこととは

緑内障は、残念なことに、具体的に効果の有るとされる予防法がないです。症状が進行すると、視力がなくなってしまうこともあります。なので、病気の進行を早くに食い止めるためには、早期発見に繋がる定期健診が重要です。特に低血圧・冷え性の方は、血流が悪いので視神経にダメージを受けやすいです。そのため、積極的に検診を受けるべきです。病院では、主に眼圧検査、眼底検査、視野検査などで異常がないか調べてくれます。どの検査も痛い思いをすることもなく、比較的、簡単に終えられるものばかりです。緑内障というのは、一般的に40歳を過ぎたら発症率が高くなります。したがって、40を過ぎたら、1年に1回は眼科で定期検査を受ける事が大事です。